おまとめローン

おまとめローンで失敗しないために大切なこと

おまとめローンに切り替えるには、無事に審査というハードルをくぐり抜けなくてはなりません。

 

契約先を選ぶ作業などひと仕事しなければならないので、何かと面倒だったり大変だったりします。

 

こういった金融商品の契約を検討するぐらいですから、日々返済に追われる忙しい毎日を過ごしていることでしょう。

 

果たしてもうひと踏ん張りして新たな契約成立の為に奔走する価値があるのかどうか、疑問に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

確かに状況次第では大幅な減額を期待することもできる債務整理の道を選択した方が良い場合もあります。

 

どの方法も信用情報を傷つけることになるのでできればおまとめローン戦略を選びたいものです。

 

 

月に何日もあった返済タイミングをたった1日に絞り込めるだけでも、かなりすっきりしますから。

 

今後の見通しを立てる為にも、有効なコテ入れになります。

 

 

ただし、おまとめローンに過剰な期待を抱き魔法のように考えてはいけません。

 

金利が安くなっても月々の返済額を抑え過ぎると結局返済期間が増え、せっかく下がった金利分の旨みがうやむやになってしまいます。

 

 

それに減るのは金利分ぐらいでトータル金額を大胆に減らすことはできませんから、債務整理と混同している方は違いをはっきり認識した上で契約するべきかどうか決める必要があります。

 

 

当然、自己破産のように今まで借りたお金が“なかったこと”になるわけでもありません。

 

 

おまとめローンは賢い借金対策の1つですが、中途半端な知識で楽観的に錯覚してしまわないよう要注意です。

 

 

っかりミスが致命傷になることも

おまとめローンを頼ることができる人は、本当に限られています。

 

金融機関側としても貸す金額が大きくなる為、慎重にならざるを得ません。

 

融資OKの返事自体を貰うことはそこまで難しくなくても、本当に欲しい金額ラインまで融通して貰う為には高いハードルを乗り越えなくてはなりません。

 

 

当然審査ではケアレスミスも致命傷になるので、おまとめローンで失敗しない為にも油断することはできません。

 

例えば、単純な誤字脱字、記入漏れに関しても細心の注意を払いましょう。

 

 

書類に記載した内容は提携先の個人信用情報機関が保持している情報と、一字一句照らし合わせられます。

 

うっかり間違って違う情報を書いてしまったとしても、“過失”であることには違いありません。

 

状況次第では意図的に違う情報を書いたと捉えられてしまいます。

 

借り手と貸し手の間で契約を成立させる為には、信用が不可欠です。

 

たかが書類不備、と軽視することはできません。

 

 

学生の試験でもたまに行われていますが、わざと汚い字を書いてどっちにも取ることができるような作戦だと誤解されることもあります。

 

特に数字に関しては余計な詮索をされないよう、くっきりはっきり正しく記入しましょう。

 

 

他社借入件数に関しても、カウントミスで少なく書いてしまったことがあえて隠蔽したとみなされてしまうこともあります。

 

おまとめローンの記入ミスの中でも特に気をつけたいのが、他社借入件数ですからクレジットカードのキャッシング枠なども含め、正確な情報を整理し正直に申告しましょう。

 

おまとめローンの厳しい審査があります

おまとめローンは何かと誤解されている部分が多いようですが、契約前にこの金融商品の特徴を正確に把握しておくことが大切です。

 

例えば、貸してくれるお金の上限に関してもまるで無尽蔵のように考えている方が少なくありませんが、これもよくある誤解の1つです。

 

 

確かに複数の金融機関から借りている分を1つにまとめるわけですから、限度額にはゆとりが必要ですよね。

 

その為、高額融資を希望する申込者こそ優遇されると勘違いされる傾向があります。

 

一般的な借入同様金額が大きくなればなる程貸し手も慎重になりますし、ハードルも上がります。

 

 

いわゆる普通のキャッシングに比べ、見る目が厳しくなると覚悟して下さい。

 

おまとめローンに申し込むのはいわゆる多重債務者が大半です。

 

既に5件以上の金融機関と契約している場合、イエスの返事が貰える確率はぐっと下がります。

 

 

また、審査で許容範囲とされる3件前後の借入しかなかった場合でも、返済トラブルを起こしてしまっているようなら当然大幅に減点されます。

 

審査では特に直近の返済状況をチェックされますが、滞納している事実があるようなら契約を渋られてしまう可能性大です。

 

 

細かいところまで調べるおまとめローンの金融機関だと、キャッシングやローンはもちろん、携帯電話や公共料金の支払い事情まで探りを入れると言われています。

 

 

残念ながら現時点で5件以上借り入れている方は3件前後まで契約先を絞り込むこと、そして滞納してしまっている方は1日でも早く入金し、ほとぼりが冷めるまで真面目に返し続け実績を積み上げるしかありません。

 

金利が下がらないパターンもあるからご注意を!

期待に胸を膨らませている方にはお伝えしにくいことですが、おまとめローンが必ずしも成功するとは限りません。

 

返済日・・・ATMに入金しなければならない日にちがたった1日になることだけでもおまとめローンに切り替える価値は十分にあります。

 

ただ、金利ダウン対策を狙って申し込む場合契約後ほとんど条件が変わらないようだとあまり意味がない、ということになってしまいます。

 

 

おまとめローンは普通のキャッシングなどに比べ、金利が低くなっていることは事実です。

 

ただ、借りる金額が高くなる程金利が低くなる傾向がありますから、切り替え後の差を大きくする為には審査ハードルがグンと高くなる高額融資を狙わなければなりません。

 

 

残念ながらおまとめローンで満足する結果を得られなかった方の多くが、このハードルを乗り越えることができず現状とあまり変わらない条件で妥協することになります。

 

特に初めての申込者に対して調べる側も見る目が厳しくなりますから、既に長年契約しているところがあるなら同じ会社でプランを乗り換えることができないかどうか相談してみるのも1つの手です。

 

 

現在お金を借りている金融機関の中で、いわゆるおまとめローンを取り扱っているところはありませんか?

 

今まで滞納することもなく真面目に返し続けているなら、ご自身でも気づかないうちに実績が積み上げられている可能性があります。

 

 

契約当初は難しかった高額契約も、長い付き合いを経て来た現在、色好い返事がもらえるかもしれません。

 

他の契約先の借入も御社でまとめたい気持ちがある、と担当者に相談してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

更新履歴