おまとめローン

おまとめローン商品自体ではなく借り手側の問題ですが・・・ありがちな失敗パターンの一例をご紹介しましょう。

 

おまとめローンに組み替えた後、不規則に襲いかかる返済日の対応に追われることもなく長年ささくれだっていた神経が休まると感じる方が大半です。

 

 

実際、金利ダウン効果などでゴールまでの道のりが縮まるケースが多く、思っていたよりも早い時期に返済地獄から解放されることも珍しくありません。

 

ただしこれがおまとめローン完済後に陥りがちな罠で、無謀な新たな借り入れに手を出してしまう方も・・・。

 

 

債務整理の場合、信用情報に傷がつきますし、ほとぼりが冷めるまでクレジットカードも含め新しい契約を成立させることはできません。

 

けれどおまとめローンの場合、そういった制限はありませんから、返し終わった後の新規契約は自由です。

 

 

返済地獄で喘いでいた時は「二度と借り入れはしない」と心の底から誓っていた筈なのに、いざ新規契約の余裕ができると考えが変わることはよくあります。

 

 

また、完済後金融機関側から美味しい条件で融資話を持ちかけられることもあり、ついその気になってしまうこともあるようです。

 

 

ちなみに、まだ全額返し終わっていない状況で新たな借り入れをするのはNG行為です。

 

借金をまとめる為の金融商品に契約しておいてそういった行為をする借り手を、貸し手は信用することができません。

 

 

他社でも契約の事実は筒抜けですし状況次第ではその時点で残高分を一括で返すよう、指示されることもあります。